難易度 合格率 勉強時間

難易度
難しい
おおよその合格率 6~9%
平均的な総勉強時間 1500時間以上

一級建築士

資格の特徴と年収

建築資格の最高峰。すべての建築物を手がけられる。
厳しい実力の世界ですが非常にロマンのある仕事です。一級建築士は、国土交通大臣の免許を受け、設計工事監理等の業務を行う。複雑・高度な技術を要する建築物を含むすべての施設の設計および工事監理を行うことができる。
推定年収  750万〜1500万
独立するか会社に所属するかで変わってくる

職務内容やおおよその年収 その他資格試験概要

 職務内容と
 主な就職先

以下のような建築物の設計を行う。
1.学校・病院・劇場・映画館・公会堂・集会場・百貨店など、延べ面積が500平方mを超えるもの
2.木造建築物または建築の部分で、高さが13mまたは軒の高さが9mを超えるもの
3.鉄筋コンクリート造、鉄骨造、石造、れん瓦造、コンクリートブロック造もしくは無筋コンクリート造の建築物または建築の部分で、延べ面積が300m²、高さが13m、または軒の高さが9mを超えるもの
4.延べ面積が1000m²を超え且つ階数が二階以上のもの

建築系の事務所や建設会社、デザイン会社に勤めたあと独立する人も多い。

 受験資格

1.二級建築士として建設実務通算4年以上の者。
2.建築設備士として建築にかかわる実務経験4年以上を持つ者
3.国土交通大臣が指定する建築に関する科目(指定科目)を修めて卒業後、所定の
  実務経験者(原則平成21年度入学者から適用)

 試験日程 学科・・・・7月下旬頃
設計製図・・・・10月中旬頃
 試験内容 学科試験
①建築計画、建築積算等、②環境工学、建築設備(設備機器の概要含む)等、
③建築法規等、④建築力学、建築一般構造、建築材料等、⑤建築施工等
  ※「学科の試験」の合格者からは、申請により、「学科の試験」に合格した一級建築
   士試験に引き続いて行われる次の2回(従来は1回)に限り、「学科の試験」が免除
   されます
□設計製図
事前の公示課題で設計製図を行う
受験料 19,700円