難易度 合格率 勉強時間

難易度
おおよその合格率 30~40%
平均的な総勉強時間 150時間以上

学芸員・学芸員補

資格の特徴と年収

学芸員・学芸員補は博物館や美術館、動物園に水族館などに勤務する専門職員です。
推定年収  350万〜500万
所属する事業所、業務規模で変わってくる

職務内容やおおよその年収 その他資格試験概要

 受験資格

●学芸員補
大学に入学することができる者は学芸員補となる資格があります。
※博物館等の採用試験に合格し、学芸員補やそれに相当する職にある人を
   学芸員補と称します。
●学芸員試験・・・・試験認定と無試験認定の2種類の方法があります。
◆試験認定
1.学士号を有する者。
2.大学に2年以上在籍し、62単位以上修得し、3年以上の実務経験者。
3.教員普通免状有資格者で、3年以上教員としての実務経験者。
4.5年以上、学芸員補であった者。
5.その他文部大臣が上記と同等以上の資格を有すると認めた者。
◆無試験認定
1.学位規則による修士または博士の学位を有する者。
2.大学において博物館に関する科目に関し実務2年以上の教授・助教授・講師。
3.10年以上の学芸員補経験者で都道府県の教育委員会の推薦する者。
4.その他文部大臣が上記と同等以上の資格を有すると認めた者。

 試験日程 11月中旬頃の2日間
 試験内容 ●筆記試験
□必須科目
①生涯学習論、②博物館学、③視聴覚教育メディア論、④教育学概論
□選択科目(以下の中から2科目選択)
①文化史、②美術史、③考古学、④民族学、⑤自然科学史、⑥物理、⑦化学、
⑧生物学、⑨地学
●口述試験・・・・博物館学の中から出題
受験料 各科目1,300円(試験認定)、3,800円(無試験認定) 受験地:東京(国立教育政策研究所社会教育実践研究センター)