難易度 合格率 勉強時間

難易度
おおよその合格率 40%
平均的な総勉強時間 400時間程度

言語聴覚士

資格の特徴と年収

言語聴覚士は病院や福祉施設などで音声機能、言語機能、聴覚に関するリハビリテーションを行う専門家です。医師や看護師、理学療法士、作業療法士などと協力しながら、患者ごとの治療を施します。
推定年収  400万〜650万
企業、事業規模によって大きく異なる

その他資格試験概要

 受験資格

1.大学入学資格を有し、指定学校・視能訓練養成所で3年以上勉強し、技能・知識を習得した者。
2.大学、短大で2年、専門学校5年以上勉強し、指定施設等で1年以上の教科課程を
  修了した者。
3.大学、短大で1年、専門学校4年以上勉強し、指定施設等で2年以上の教科課程を
  修了した者。
4.大学卒業後、養成所で2年以上勉強し、指定科目を修了した者。
5.大学で指定科目を修了し卒業した者。
6.外国の養成所を卒業、又は、外国で言語聴覚士にあたる免許を受けた者。など

 試験日程 2月中旬頃
 試験内容 ①基礎医学、②臨床医学、③臨床歯科医学、④音声・言語・聴覚医学、⑤心理学、
⑥音声・言語学、⑦社会福祉・教育、⑧言語聴覚障害学総論、
⑨失語・高次脳機能障害学、⑩言語発達障害学、⑪発生・発語・嚥下障害学、
⑫聴覚障害学
受験料 35,700円