難易度 合格率 勉強時間

難易度
難しい
おおよその合格率 6~7%
平均的な総勉強時間 800時間

行政書士

資格の特徴と年収

「街の法律家」といわれる書類と手続きのスペシャリスト。相続、帰化申請、相続、企業法務など多岐にわたる業務を行います。民間と行政のパイプ役です。 
推定年収  400万〜850万
(開業後の営業力がカギといわれます)。民間と行政のパイプ役です。 

職務内容やおおよその年収 その他資格試験概要

 職務内容と
 主な就職先

行政書士は「代書屋」とも言われているように、様々な申請書類の作成を請け負うのが主な仕事内容となります。取り扱う文書の種類は多種多様で1万種以上とも言われています。
現在、申請書類の種類は、非常に多様化しており、どんな時にどんな書類が必要になるのか、またどんな書式で書いたらよいのか一般の人には、難しい場合もあります。そんな時活躍するのが行政書士になります。ですから、行政書士には、幅広い知識が必要であり、相続、帰化申請、相続、企業法務なども含めた多岐にわたりる経験が求められています。

おおよその年収 400万〜850万
(開業後の営業力がカギといわれます)。民間と行政のパイプ役です。 

 受験資格

特になし

 試験日程 11月第2日曜日
 試験内容 業務に関する法令
①憲法、②行政法、③民法、④商法、⑤基礎法学
●業務に関する一般知識
①政治・経済・社会、②情報通信・個人情報保護、③文章理解
受験料 7,000円