難易度 合格率 勉強時間

難易度
難しい
おおよその合格率 5~6%
平均的な総勉強時間 1500時間以上

気象予報士

資格の特徴と年収

気象予報士は気象庁が提供する各種データを適切に処理しながら、現象の予想」を適確に行う能力を持つ者を認定する資格制度です。台風情報や地震情報といった防災という公共的側面を合わせ持つ以外に、商品の売上動向など様々なビジネス活動への経済活動とも深い関わりもあります。
推定年収  650万〜1200万
所属する事業所、業務規模で変わってくる

職務内容やおおよその年収 その他資格試験概要

 職務内容と
 主な就職先

気象予報士の年収は気象庁に勤めるか、お天気キャスターになれれば年収1000万くらいに届くかと思いますが、なかなか資格を取得しても就職口がないのが実情です。取得して資格を活かせる業務に就ける可能性が低いため平均年収は一概にはいえません。

 受験資格

制限なし

 試験日程 8月下旬と1月下旬の基本的に年2回
 試験内容

気象予報士の勉強時間、学習時間は基礎知識、実技知識、答練、模試などで100回程度あります。

さらに学校の勉強の他に自習を1:3程度では行わないと合格できないと思うので、最低1000時間程度の勉強は必要です。

受験料 11,400円