難易度 合格率 勉強時間

難易度
もっとも難しい
おおよその合格率 3.5%
平均的な総勉強時間 4500時間

司法書士

資格の特徴と年収

不動産登記、商業法人登記、供託、裁判所に提出する書類の作成、簡裁訴訟代理業務など法律に関する多くの業務をこなします。
推定年収 550万~1200万

職務内容やおおよその年収 その他資格試験概要

 職務内容と
 主な就職先

不動産登記、商業登記に関わる手続きの代行や、本人訴訟、少額訴訟の手続き代行
不動産登記などの代行、本人訴訟、少額訴訟の書類作成など土地や建物の売買の際に必要となる不動産登記業務をはじめ、会社設立の時に必要な商業登記、裁判所、検察庁、法務局などに提出する書類の作成や手続きなど、幅広く法律の専門的知識を活かして代行するのが司法書士の主な業務です。

基本的には、まず司法書士事務所や一般企業に勤めて法務部門などで経験を
積んでから開業するケースのほうが多いです。
年収は地方によって仕事の案件量が違うせいかかなり開きがあります。
都心部では高めです。

おおよその年収 550万〜1200万
(事業所によって大きく異なる)

 受験資格

特になし

 試験日程 ●一次試験・・・・7月上旬頃
●二次試験・・・・7月上旬頃
●口述試験・・・・10月中旬頃
 試験内容 午前の部
憲法、民法、商法、刑法(マークシート)
●午後の部
不動産登記法、商業(法人)登記法、民事訴訟法、民事執行法、民事保全法、
供託法から択一式・35問
不動産登記法、商業登記法?書式(登記申請書の作成)・記述式計2問
●口述試験
午前・午後の部試験科目と司法書士業務を行うのに必要な知識及び能力
受験料 6,600円